Jan 01, 2021

【謹賀新年/朝日新聞デジタル版に掲載 2021年1月1日】

新年明けましておめでとうございます。2021年がスタートしました。今年は「人に優しく地球に正しい行動」をより一層行動していきたいと思っております。

昨年末の12月30日、朝日新聞の一面トップSDGs特集で環境配慮素材「COVEROSS®︎(カバロス)」について掲載頂きました。また、本日、1月1日の朝日新聞デジタル版ではより詳細にCOVEROSS®︎の研究開発について掲載頂きました(↓朝日新聞デジタル版)。

https://www.asahi.com/articles/ASNDV0DTHNDQUHBI01T.html

なお、朝日新聞デジタルでは年末年始(全14回 12月29日〜1月11日)に「共生のSDGs 明日もこの星で」の特集記事が掲載され、コロナ下における様々な視点でSDGsを学ぶことが出来ます(ショートムービーにはCOVEROSS®︎も登場)。

https://www.asahi.com/sp/rensai/list.html?id=1150&iref=pc_rensai_article_breadcrumb_1150

弊社では2021年春から国内では新たに産官学共同研究スマートシティでのCOVEROSS®︎スマートウェアを活用した実装実験を進めております。更に、COVEROSS®︎は「機能性素材」から「機能性ウェア」への進化を目指しております。

その中で着用するだけで血行促進効果が期待できるCOVEROSS®︎SAI(カバロスサイ)は3月の信州大学で開催予定の感性工学会での研究結果発表を予定、更に4月から開始予定の「医療住宅」での健康促進ウェアとして実装実験を進めます。医療住宅では各業界の最先端センサーテクノロジー等とスマートウェアを統合し、ひとりひとりの健康促進を数値化し、健康寿命伸張による幸福度等(新国富)の数値化を目指します。新国富とは国連が推奨するGDPに変わる経済と環境と幸福度等を合わせた指標です。

また、フィンランド等北欧でも大学や研究機関とは「サーキュラーファッション(植物由来素材や薬剤開発、合成生物学含む)」、「ヘルスケア」、「スマートウェア」、「ウィルス対策」等の共同研究を引き続き進めて参ります。また、新商品だけでなく消費者からの古着回収等を含めた①サプライチェーンのトレーサビリティの構築と②サーキュラーファッション(リユース、アップサイクル、リサイクル等)の新たなサービス開発(多機能性付加等)の構築を目指します。

コロナ下での厳しい環境が続くことが予想されますが、前向きに明るく、楽しく仕事に励んで参ります。本年もどうぞ宜しくお願い致します。

2021年1月1日