Aug 07, 2020

【葦からできた服】

【考える葦⁉︎】
「人間は、自然のうちで最も弱い一本の葦にすぎない。しかしそれは考える葦である」byパスカル

ここ数年、毎朝近所の川の辺りを散歩してるますが葦を沢山目にします。ところで、「アシ」と「ヨシ」の違いをご存知でしょうか?「悪し」と「良し」。実は同じものなのです。今は「ヨシ」が正式名。物事の良い面と悪い面は表裏一体。「ヨシ」には歴史や伝統があり、川の浄化という役割もあります。

今回ご縁を頂き、「ヨシ」から「糸」を作り洋服等を作る「三方ヨシ」プロジェクトをスタートします。

何故、「廃棄ヨシ」から洋服作りに挑戦するのか?

人口が増え続ける中、地球上の綿花畑はこれ以上増やすことが出来ず、綿花栽培には水や農薬が大量に必要です。また、石油から作られるポリエステルも環境負荷が大きい。そこで、次世代型サステナブル洋服として注目したのがヨシ等の廃棄植物から作るリサイクル技術です(^^)

サステナブル最先端の北欧でも今後の需要ギャップを埋めるため、木や植物等からセルロース繊維を作る研究開発が注目されており、今後、新たな技術により随時商品化されていきます。

日本の伝統や技術を少しでも世界に届けていきたいと思います(^^) ワクワクするサステナブルプロジェクトです!

【葦から作った糸】