May 01, 2020

【国立熱帯病研究所と抗ウィルス共同研究 “Anti-Virus R&D with ITD”】

COVEROSS®は今年の春からインドネシアの国立アイルランガ大学の熱帯病研究所(ITD:Institute of Tropical Disease)で「ウィルスの不活性化研究」を行なっております。

Since this spring, COVEROSS® has been conducting a “Virus Inactivation study” at the Tropical Disease Research Institute (ITD) of the National Airlangga University in Indonesia.

弊社独自技術の新光触媒技術をベースにUV照射等様々な条件下でのウィルス(コロナウィルス、A型インフルエンザウィルス、鳥インフルエンザウィルス)の不活性化を現在評価しております。

We are evaluating the inactivation of viruses (corona virus, influenza A virus, avian influenza virus) under various conditions such as UV irradiation based on our original photocatalytic technology.

日本の第三者機関カケン基準において高い数値で合格している(2017年から日本で発売開始した)COVEROSS®WIZZARDに更にヨーロッパ薬剤を組み合わせたアップグレード版になります。

It is an upgraded version that combines European treatments with COVEROSS® WIZZARD, which has passed a high numerical value in Japan’s third party organization Kaken standard (launched in Japan from 2017).

これにより、布地に着いたウィルスが不活性化するまでの時間が大幅に短縮出来ることが期待されます。

This is expected to significantly reduce the time it takes for the virus that has reached the fabric to be inactivated.