Jan 14, 2019

“COVEROSS®”北欧で環境負荷削減特化型の素材開発

2019年1月14日

フランクフルトでの展示会後、ヘルシンキで7団体(大学、研究所、ファンド、テキスタイル協会、アパレル)と商談を行いました。

EU圏(人口5億人)であり、人口600万人弱、国土の8割が森林が占めるフィンランドでは、産官学が一体となり「地球環境に優しい分野」、「AI・IOT・自動運転等のテクノロジー分野」、「医療・健康分野」、「バイオテクノロジー分野」等、今後発展が期待できる分野に特化した研究開発を進めております。

今回、弊社の「COVEROSSテクノジー」に関し、「地球に優しいサステナブルなテキスタイル開発」、「人に優しいウェアラブル洋服開発」等含めた、森(木材)からの原料との共同研究の検討をするためのミーティングを数日間行いました。

EU含め、何等かの共同研究(R&D)を継続的にできないかを検討していきます。